郊外に「〇〇霊園」という公営墓地が増えてきている

これから霊園探しをしようと思って適当に立地条件だけで選んでしまってはいけません。
どんなに通いやすい場所に霊園があるからと言って管理が悪いような霊園では意味が無いのです。 一昔前までは墓地というと生前住んでいた近所の寺院や村の共同墓地などといったものが一般的でした。
しかし最近の急激な人口増加などの影響で郊外に「〇〇霊園」という公営墓地が増えてきているのです。

 

墓地というのは経営や管理者によって運営体制が異なっていますので、その特徴に応じまして、どんな墓地を選ぶのか検討をしましょう。
財団法人や社団法人が管理し、民間が宗教法人から委託されている霊園におきましては、基本的に宗教宗派を問わずに申し込むことが可能です。

 

民間などが運営をしている霊園というのは公営墓地と比べますと、永代使用料や管理費など割高傾向となっています。
しかし遺骨の有無などにより、申し込みについての制限が無くなります。

エステティシャンについて
http://www.dietacademy.jp/sikaku/
エステティシャン



郊外に「〇〇霊園」という公営墓地が増えてきているブログ:18/06/18

ある日会社で見せられた禁煙ビデオで、
ぼくは少なからずショックを受けた。

そこにはタバコを吸っている者と、
そうでない者の肺の中が大写しにされていた。
当時、ぼくは一日に一箱吸う喫煙者であった。

タバコを吸っていない者の肺はきれいな色をしていたが、
吸っている者の肺は黒いタールがびっしりへばりついていた。

それを見たぼくは
「自分の肺もあんなになっているのか」と思うと、
ぞっとした。

数年前から奥さんにはタバコをやめるよう、
しつこく言われているのにもかかわらず
無視して吸い続けていた。

肺がんで苦しんでいる人の映像まで見せられて、
ぼくはついにタバコをやめようと決心をした。

しかし、一気にやめることはできなかった。
そこで徐々に一日の本数を減らしていくことにした。

最初は5本減らし、一日15本にした。
これはなんとかいけた。

半月後には10本にした。
このあたりからかなり苦しくなってきた。
ガムで口をまぎらわしながら耐えた。

一ヶ月後には一日5本にした。
ここからは本当に苦しいニコチンとの闘いであった。

一日5本が8本になることもあった。
つらい一進一退が続く…
そのとき、ぼくはこの剣が峰を乗り越えるには、
あのビデオの力をもう一度借りねばと思った。

会社からビデオを借りてきて再び見た。
ニコチンに負けそうになっていたぼくに、
それは喝を入れてくれた。
ついにぼくはふた月後に禁煙に成功した。

これをきっかけに、
近くに住んでいる女の子夫婦にも禁煙をさせようと思った。

娘夫婦にも例のビデオを見せた。
ビデオを見終わると、
2人とも少しショックを受けた表情をしていた。

女の子夫婦もタバコと縁を切ることができた。