郊外に「〇〇霊園」という公営墓地が増えてきている

郊外に「〇〇霊園」という公営墓地が増えてきている



郊外に「〇〇霊園」という公営墓地が増えてきているブログ:16/02/14


現代社会では、体操不足の人が増えています。
都心部ではクモの巣のように交通手段が張りめぐらされていますから、
頼っている人も多いことでしょう。

体操不足の問題は、都会だけではありません。
僕の実家は山奥の田舎ですが、
田舎でも体操不足は問題として浮上しています。

交通手段が乏しい田舎だからこそ、
車が必需品になり、体操不足になってしまうのですね。

また、スピードが加速している時代ですから、
体操する時間そのものがないと嘆いている人もいるでしょう。

でも、大丈夫です!

「体操する時間がない」のなら、アイデアがあります。
体操する時間を別で設けるのではなく、
今の生活の中に体操を取り入れるのです。

ダイエットのために、ジムに通うことになれば、
時間もお金もかかります。
もちろん、それがあるという人はそれでもいいのですが、
そもそも生活の中で体操するチャンスは、すでにたくさんあります。

例えば、以下のようなアイデアはいかがでしょうか。

お買い物に行くときには車を使わず、自転車を使う。
駅までの往復に自転車を使わず、歩いて通う。
駅はひとつ手前で降りて、歩いて家まで帰る。
ひとつ上の階や下の階であれば、階段を使う。

ちょっとした工夫ですぐに実現できますね。
今の生活に取り入れるだけですから、今日からでもすぐに始められます。

「都会だから」「田舎だから」「時間がないから」「お金がないから」
すべて言い訳です。

「体操をするきっかけがない」という人に最も必要なのは、
「時間」ではなく「工夫」なのです。

ほんの少し工夫をすれば、
どんなに忙しい日々であっても、
体操する時間を作り出すことができるのです。

フンガフフ

郊外に「〇〇霊園」という公営墓地が増えてきている

郊外に「〇〇霊園」という公営墓地が増えてきている

★メニュー

中国材の墓石というのは安い価格で販売されています
墓地における運営や管理体制
お墓の使用方法というのは時代と共に大きく変わってきている
数々の霊園の中には仏教でしたらどんな宗派でも問題無い?
諸設備の有無や規模というのは非常に重要なポイント
郊外に「〇〇霊園」という公営墓地が増えてきている
墓地の永代使用料というのは安い順に公営→民営→寺院
都市型霊園の方が郊外の霊園よりも多少なりとも高額
競争率の高さから抽選方式がとられている公営墓地
管理料を滞納したり支払いを全くしなければ墓地の使用権を抹消


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)最低限知りたい霊園探し情報