郊外に「〇〇霊園」という公営墓地が増えてきている

郊外に「〇〇霊園」という公営墓地が増えてきている



郊外に「〇〇霊園」という公営墓地が増えてきているブログ:14/10/07


おいらの実家は、
祖母の代よりずっと女系家族であり、
婿養子という形で現在に至っている。

おいらもいもうとと二人姉妹であるため、
幼い頃から父母はもちろん、祖母からは特に、
婿養子をとり家を継ぐことを切望されていた。

それに対し、
幼いおいらは「うん」と無邪気に答え、
それを見て祖母は、
目を細めながらとても嬉しそうに笑っていた。

おいらは祖母の笑顔が大好きだった。

ところが、高校生になったあたりから、
いつしかそれは、
おいらの将来に、重く大きくのしかかる
暗い枷のように思われるようになった。

社会人となってからは、歳を重ねるごとに、
おいら自身がはっきりと答えを出さねばならない日も、
そう遠くはないと感じるようになっていた。

そんな日々の中で、
おいらはある男性と出会い恋に落ち、
そして結婚することになった。

ただ、その人は長男であった。
愛する人と結婚できることはすごく幸せだったが、
同時に、家を継がなかったことで、
父母そして何より祖母の思いを裏切ったことに対して、
申し訳ないという気持ちでいっぱいだった。

おいらは結婚を報告するために
勇気を出し、祖母の部屋へと向かった。

ところが、
たわいのない話ばかりをしてしまい、
なかなか本題を切り出せずにいた。

そんなおいらを悟ったのか、祖母が私に、
「いよいよ結婚するのね」
と言った。

おいらは、こみ上げてくる涙を必死でこらえながら頷き、
「でも、家を継げなくなって…、本当にごめんなさい」
と言った。

それに対して祖母は、
「何を言うの。こんな嬉しいことはないよ。おめでとう」
と答えた。

あまりに意外な祖母の反応に驚くおいらを、
祖母は、満面の笑みで見つめていた。

その笑顔は、
幼い頃からおいらが大好きだったあの笑顔だった。
郊外に「〇〇霊園」という公営墓地が増えてきている

郊外に「〇〇霊園」という公営墓地が増えてきている

★メニュー

中国材の墓石というのは安い価格で販売されています
墓地における運営や管理体制
お墓の使用方法というのは時代と共に大きく変わってきている
数々の霊園の中には仏教でしたらどんな宗派でも問題無い?
諸設備の有無や規模というのは非常に重要なポイント
郊外に「〇〇霊園」という公営墓地が増えてきている
墓地の永代使用料というのは安い順に公営→民営→寺院
都市型霊園の方が郊外の霊園よりも多少なりとも高額
競争率の高さから抽選方式がとられている公営墓地
管理料を滞納したり支払いを全くしなければ墓地の使用権を抹消


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)最低限知りたい霊園探し情報