競争率の高さから抽選方式がとられている公営墓地

競争率の高さから抽選方式がとられている公営墓地



競争率の高さから抽選方式がとられている公営墓地ブログ:16/11/24


「ありがとう」
と何度も父親から言われて終わった
20年ぶりの父親とお子様の日帰り旅行。

嬉しいとかよりもまず、
「やり終えた」と言う気持ちが
一番にこみ上げてきました。

この旅行は絶対にありえないと思っていたし、
しかも父親から誘ってきたのではなく
ぼくの方から父親を誘ったのでした。

父親が仕事を完全に辞めたのが去年の秋。
それ以降、目標を失ったように家にこもる日々。

以前は「100歳まで生きるんや!」と言っていたのに
最近では
「母(おばあちゃん)があっちで呼んでいる」と言い出す始末。

毎晩、飲んでいた日本酒も飲まなくなったし…

そんな父親を見てるとふっと思う。
「この人の楽しみって何?
50年近くまじめに働くだけで、家では大事に扱われてないし、
仕事やめて自由があるのに逆にふさぎこんでしまう人生って…」

…そんな複雑な思いを抱いての
車で2人きりの日帰り旅行。

しかし似ている。似すぎている。
あれだけ否定していた父親に…

よく考えると趣味も父親ゆずり。
旅行、格闘技、日本酒、歴史など、
すべて父親が好きなものがぼくの好み。

結局、ぼくがここまで
父親に近づけたのは
すごくありふれた答えかもしれないけど、
「あきらめなかったこと」かもしれない。

人それぞれだけど、
ぼくが父親に近づこうと思って
少しずつ行動をはじめたのが4年前から…

ぼくの気持ちを
全然わかってくれないことがずっと続いたこともあったし、
何度も怒られたこともあったし…

でも行動をし続けることで、
こちらの変化にも気づいてくれたし、
父親自身も素直になれてきたのかもしれない。

あきらめなければきっと物事はかなうはず…
周りの幸せと自分の幸せのために
さらにぼくは行動していきます。

競争率の高さから抽選方式がとられている公営墓地

競争率の高さから抽選方式がとられている公営墓地

★メニュー

中国材の墓石というのは安い価格で販売されています
墓地における運営や管理体制
お墓の使用方法というのは時代と共に大きく変わってきている
数々の霊園の中には仏教でしたらどんな宗派でも問題無い?
諸設備の有無や規模というのは非常に重要なポイント
郊外に「〇〇霊園」という公営墓地が増えてきている
墓地の永代使用料というのは安い順に公営→民営→寺院
都市型霊園の方が郊外の霊園よりも多少なりとも高額
競争率の高さから抽選方式がとられている公営墓地
管理料を滞納したり支払いを全くしなければ墓地の使用権を抹消


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)最低限知りたい霊園探し情報