墓地の永代使用料というのは安い順に公営→民営→寺院

墓地の永代使用料というのは安い順に公営→民営→寺院



墓地の永代使用料というのは安い順に公営→民営→寺院ブログ:15/07/29


娘の頃には
よく「将来何になりたい?」と聞かれますよね。

でも、あたしはその時何と答えていたか
全然覚えていません。

それだけじゃなく、
娘の頃、自分が何を望んでいたかという
はっきりした記憶がほとんどなく…

ただよく泣く娘で、恥ずかしがりやの娘で、
でも、親父や母にはいつも反抗していたなぁ~
という記憶だけがあります。

あたしには「…になりたい!」というのはなくても、
「…は嫌だ!」というのは沢山あったんですよね。
一番よく覚えているのが
「学校の先生だけにはなりたくない!」でした。

振り返ってみれば…
あたしが節目節目で何かを決める時は、
いつも「…は嫌だから…しよう」が
動機づけだったような気がします。

学校の進路を決める時も、
社会人になってから何かを決断する時も…

だから、あたしは
頑張ってやっても思うような結果にならなかったり、
スムーズに事が運ぶことがなかったんだろうと思います。

例えば、
何故か人が苦手なのに、
人と関わる仕事ばかりすることになったり…

当時のあたしは、
「どうして望むものは手に入らないんだろう?」と思っていたけれど、
根っこがそういう部分からきているので、
本当に自分が望むもの、自分が好きなものを、
あたしはよくわかっていなかっただけなんだなぁ…と今は思います。

本当に自分が好きで心から楽しめることなら、
上手く流れていくんですよね。

でも、つっぱったり何かに抵抗しながら頑張っていると、
流れが滞ってしまう…

まるで神様が自分を見失っているあたしに、
「それは違うよー」
と一生懸命訴えかけてくれるかのように…

そういうからくりがわかってきただけでも、
あたしは少し大人になったかな?と思いたいところです。

え?もう時間だ。仕事行ってきます~
墓地の永代使用料というのは安い順に公営→民営→寺院

墓地の永代使用料というのは安い順に公営→民営→寺院

★メニュー

中国材の墓石というのは安い価格で販売されています
墓地における運営や管理体制
お墓の使用方法というのは時代と共に大きく変わってきている
数々の霊園の中には仏教でしたらどんな宗派でも問題無い?
諸設備の有無や規模というのは非常に重要なポイント
郊外に「〇〇霊園」という公営墓地が増えてきている
墓地の永代使用料というのは安い順に公営→民営→寺院
都市型霊園の方が郊外の霊園よりも多少なりとも高額
競争率の高さから抽選方式がとられている公営墓地
管理料を滞納したり支払いを全くしなければ墓地の使用権を抹消


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)最低限知りたい霊園探し情報