競争率の高さから抽選方式がとられている公営墓地

人生において霊園に足を運ぶことは何度かあるかと思いますが、実際に購入をするとなるといかがでしょうか?
霊園の購入なんて考えたことが無いという人が多いですが、基礎的な知識は知っておく必要があるのです。 公営墓地は都道府県や市町村などといった、地方自治体が管理と運営をしている墓地のことを言います。
募集は随時行われているワケではありませんので、申し込みや問い合わせは各地方自治体へ確認をするようにしましょう。

 

公営墓地の最大の利点についてですが、やはり永代使用料や管理料が安く設定されているということです。
さらに、運営主体が地方自治体ですので、宗教や宗派による制限が無いのも利点の一つと言えるでしょう。

 

公営墓地というのは非常に希望者が多くなっており競争率の高さから抽選方式がとられていることが多くなっています。
購入をするのはかなり困難であり、自治体での在住者などの条件もあります。



競争率の高さから抽選方式がとられている公営墓地ブログ:18/06/30

今日から学校のプールが始まる!

「いってきます」の声を玄関に残したまま
娘は駆け出していった。

重いランドセルを背負いながらも踊るように出かけた娘は
よほどプールを楽しみにしていたのだろう。

しかし帰って来たときの
「ただいま」は蚊の鳴くような声だった。

どうしたのか聞くと、どうやら着替えの時、
両方のヒップの中央にあるえくぼのようなくぼみを
友達に笑われたらしい。

親からの遺伝子は変なところまで類似を作る。
何を隠そう、あたしのヒップにもそのえくぼがある。

あたし自身はそのえくぼを気にしたこともなかったのだが、
娘は今にも泣き出しそうな様子だった。

「ママとおそろいよ」となだめすかしたが…

「他は全部ママと同じがいい。だけどおしりだけはいや!」と強情だ。

その話は娘は納得しないままだったが、
数日経って、あたしのほうはすっかり忘れてしまった。

そのまま夏休みに入り、
あたしは娘を連れて実家に泊まりに行った。

あの厳格な親父が孫の顔を見ると
顔中をしわくちゃにして喜ぶ。

娘は「おじいちゃんとお風呂に入る」と
風呂場へ駆け出した。
しばらくすると、風呂場から二人の大きな笑い声が聞こえてきた。

のぞいてみると、二人は泡だらけで互いのヒップを見比べている。
「ママ、おじいちゃんにもあった、あったよ!」

なんと、生まれて初めて見た親父のヒップに
えくぼが二つ行儀よくならんでいるではないか!

娘は
「おじいちゃんとママとわたしが繋がってる証拠なんだね」と言いながら、
嬉しそうに父のヒップのえくぼを触っていた。

娘の発見で三人で大笑いするとともに、
あたしは確かにこの年老いた親父の娘だったんだと、
なんだか少しジーンとしてしまった。