都市型霊園の方が郊外の霊園よりも多少なりとも高額

霊園の種類は、自治体管理や民営があり、どちらの霊園を選ぶかは貴方は次第ですが、どちらにも欠点はあります。
価格の面や管理状況などの面を考えて霊園選びをするようにしましょう。 墓地にある施設の維持や管理などに必要となる費用である管理費は毎年支払っていくこととなります。
これらは参道整備や水道設備、駐車場、緑地、墓地清掃などなど幅広く使用されることとなります。

 

東京におきましての公営墓地というのは1m2あたり620円〜となっており、民間霊園は5000円〜1万5000円程度と割高となります。
そして寺院墓地におきましてはお布施や冥加金などといった名目により6000円〜2万4000円程度必要となることがあります。

 

一般的な考えとしまして都市型霊園の方が郊外の霊園よりも多少なりとも高額となってしまう傾向があります。
また管理費というのは滞納を続けてしまいますと、霊園の使用権を取り消されてしまうこともあるのでご注意ください。



都市型霊園の方が郊外の霊園よりも多少なりとも高額ブログ:18/07/18

ムスメが生まれてから8ヶ月が過ぎました。

ムスメが何より大好きなこと、
それは、抱っこです。

ボクが仕事から帰り、ボクの顔を見るや、
ニカッと顔をほころばせ、目をキラキラさせながら、
抱っこされるのを待っています。

着替えて手を洗ってから抱っこをしようと思うボクは、
意味がわかるのかどうかはわかりませんが、
「ちょっと待っててねー」と言いながら
自分の部屋に向かいます。

すると、
背後からは
「フンギャーッ!」という泣き声が聞こえてきます。

その声に振り返ると、
ムスメは何とも切なく悲しい顔で
泣いているではありませんか。

ボクは胸がつぶれそうになりながらも、
「せめて手だけは洗わねば…」と
洗面所に向かいます。

振り返って一旦目が合ったにもかかわらず
去っていくボクの姿を見て、
泣き声が一段と大きくなります。

ダッシュで手を洗い、
服を脱ぎ散らかしながら娘の元に駆け付けると、
ムスメはボクの目にビシッと視線を合わせながら、
アゥアゥと喘ぎながら目に一杯涙を溜めています。

真っ赤になって目に一杯涙を溜めているムスメを抱き上げると、
ムスメは、ボクの腕の中に収まるまでのわずかな間に、
もう泣きやんでいます。

ボクの腕の中でボクの顔をじーっと見つめて
ニッコリ微笑んでいるムスメの目は、
帰ってきたボクの姿を見つけた時と同じ目をしています。

その後は、
ボクの眼鏡を取ろうとして阻止され、
ボクの鼻をもぎ取ろうとして阻止され、
唇を引っ張ろうとした手をボクにバクッと食べられそうになって、
驚きながらもキャッキャと喜びます。

そんなムスメとのやりとりの一時、
ボクは幸せを感じます。